VANDOREN V21【あんまり見ないけど、良い】バンドーレンリード吹き比べ・徹底比較レビュー!

v21

バンドーレンリード第3弾、VANDOREN V21

みなさまこんにちは、もつでございます。

さて本日は、バンドーレンリード吹き比べ企画第3弾、『V21』です!通称は聞いたことがありません、そもそもあんまり見かけない…。

この企画の中ではおそらく一番若手かな?数年前に発売されたリードです。商品コンセプト上、なかなか爆発的ヒットはしていないイメージですが、これはこれでなかなかおすすめですよ!

VANDOREN V21
v21
広告リンクです!よろしければ!

まずは公式から

どんなジャンルにも、どんなマウスピースにも対応し、最高の結果をもたらしてくれる優れたリードです。 サクソフォン用としては初めての、ヒールを狭くした円錐形にデザインされた、アンファイルド・リードです。 透明感があり、非常にあたたかく芯のある音で、音の伸びもずば抜けており、正確なアーティキュレーションと、間隔の広い跳躍も容易に演奏できます。

バンドーレン日本公式サイトより

という訳で、どんなマウスピースでも最高の結果をもたらしてくれるリードだそうです。これがこのリードの開発コンセプトで、「クラシック向けっぽいカット」と、「ジャズ奏者が好むアンファイルド・カット」を掛け合わせたのもその辺にあると思います。

ただこのコンセプトが、我々奏者を迷わせたんですどっちつかずな印象を持ってしまったんです。そして見た目が青箱なので、「なんか青箱的な何かが出たな?」というイメージでした。

という訳で私の周りでは「これならいつものでいいかなー」という方が多く、あまりヒットはしなかった印象ですね。世界的に見れば結構売れたのかしら?どうなのかしら??

ちなみに『V●●』というリードは『V12(銀箱)』『V16(濃緑)』そして今回の『V21』がありますが、すべてちょっともっさり感がありますね。クリアな音色というよりは、渋いとかダークとか、そういうイメージが強いように思います。

インプレッション

個人的に「ダダリオのレゼルヴっぽい」という印象でした。吹きやすい、コシが強すぎない、音も立ち上がりも雑味なくクリア。青箱のちょっと音も吹奏感も軽くしたもの、そんな印象でした。

ただレゼルブに比べると、やっぱりアンファイルド・カットなのでダークな感じはありますね。レゼルブの方が「20代」だとしたら、こっちは「35歳」くらいでしょうか。レゼルブの方が元気ハツラツ、こちらはちょっと落ち着いた感じですね。年齢の例えいりませんね。

そして青箱に比べると、上手く言えませんがジャズ・ポップス色がほんのり漂う。音色は落ち着きがあるけれど、含まれる成分の中にそういうのが居る感じがあるんです。ものすごく漠然としておりますけれど…。

おすすめマウスピース、番手など

もちろんクラシック系にはすべておすすめです。S90、S80、コンセプト、AL3、AP3、なんでも合うと思います。青箱を使っているけれど、ちょっと重たいなぁという方には特におすすめです。

ジャズ・ポップス系のマウスピースにもおすすめです。ただちょっとコシはありますから、そこは注意かと思います。クラシック的な清潔感、まとまり感も持っていますから、「なんか暴れないな」という印象はあるかもしれませんね。メイヤーならひとまず2半~3あたり、メタルも2半あたりでしょうか。ただほんとにコシがあるので、ちょっとキツい人もいるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか!バンドーレンリード吹き比べ企画第3弾、『VANDOREN V21』でした!

あんまり見ないし、万能タイプゆえに特出したカラーがなく選択肢に入りにくいリードですが、結構おすすめできるリードだと感じました。

この記事が参考になれば幸いです!

【リード比較トップページに戻る】

VANDOREN V21
v21
広告リンクです!よろしければ!
シェアして頂ければ幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です